出会う方法

人間の恋愛というのは、必ずしも異性間のみで成立するわけではございません。
つまり、男性同士、女性同士で恋愛に発展してもなんらおかしな事では無い、という事です。
彼らはセクシャルマイノリティーと呼ばれており、世間的には確かに少し異端な存在であるという事は認めます。
ですが良く考えていただければわかって頂けると思うのですが、何も間違った事では無いのです。
ホモセクシャルの方やレズビアンの方が人として間違った事をしている訳ではまったくありません。
同性愛者の方は安心して頂ければと思います。
こういった同性愛者の方は先天的にセクシャルマイノリティーである場合がほとんどなのですが、中には、いわゆるノンケという人達でも、あるきっかけで後天的に目覚める、という方もいらっしゃいます。
ただ、残念な事なのですが、世間のノンケの人のほとんどが同性愛者に対して、ある種 の偏見を持っています。
こうした偏見が差別を産んでいるのですが、テレビなどのメディアは皆さんのような同性愛者をおもしろおかしく取り上げようと躍起になっています。
こうした要因が重なり、セクシャルマイノリティーの方が住みにくい世界となってしまっているのです。
そして以前は同性愛者の出会いの場、というのはほとんど無いに等しかったのです。
ですが、現在は例えばレズビアンの方の場合はビアンバー、というレズビアン専門のバーがあったり、ビアン専門の出会い系があったり、ビアン専門のSNSがあったりしますので、そこで簡単に相手を見つける事が出来るのです。
皆さんも是非一度使ってみてくださいね。






What's New

0213/03/11
耳より情報3を更新。
2012/12/03
耳より情報2を更新。
2012/07/13
耳より情報を更新。
2012/04/05
ビアンなドラマを更新。
2012/04/05
ビアンの芸能人を更新。
2012/04/05
同性愛者の方達を更新。
2012/04/05
ネットで出会おうを更新。
2012/04/05
ビアンのままでを更新。
2012/04/05
ホームページリニューアル

Recommend Entry

むしろ堂々と

ビアンだからって何の遠慮も引くことも無いのです、確かに偏見の目で見る人もいたでしょう、でも堂々としていれば良いのです、なにも悪いことはしてないのですから。

いわゆるレズビアンというのは、ゲイ以上に普段、人の目に触れることがないかもしれませんね。ですが、実際に数が少ないというわけではありません。カミングアウトするのが難しい現状があるのでしょうね。

自分の本当の気持ちを・・。

人を好きになったことがない人はほとんどいないのではないでしょうか。人を好きになるのは人の本能であり、それゆえ生きている限りにおいてはほとんどの方が人を好きになるのです。また、その対象は必ずしも異性に対するものではなく、同性に対するものも多くみられます。いわゆるレズビアンとよばれる人達はその部類に入っています。近年では彼女たちに対する認識も広まっています。